Digitech RV-7

Hiroです。「エフェクター」で検索して、このブログに辿り着く人がけっこういるので、今回はエフェクターについて書きます。興味のない人はゴメンなさい。

写真はDigitech社のRV-7というリバーブ専用のエフェクターです。いまのバンドをはじめる時に、アコースティック・ギターに適したリバーブ・エフェクターをいろいろ楽器屋さんで調べたのですが、このモデルが一番良い音をだしていたのです。

Lexicon社という、レコーディング・スタジオで定番となっているプロ仕様のリバーブ・メーカーがあるのですが、そのメーカーとライセンス契約したモデルということもあり、リバーブ音が非常に緻密で良い音してるのです。いろいろなモードがありますが、個人的には「Plate」モードが秀逸だと思います。プレートとは、「鉄板エコー」のことを指しています。鉄板エコーとは、昔、主流だったリバーブ・エフェクターの方式で、非常に薄く大きな鉄板をぶら下げて、その一方にマイクをセットし、マイクの反対側に音を入力し、鉄板から得られる響きをリバーブとして取り出すという何とも原始的な仕組みのエフェクターなのです。ちなみに、山下達郎の初期のレコードは、この方式のリバーブを使っています。このRV-7は、鉄板エコーの音をデジタルで再現しているのです。

本物の鉄板エコーの音は聞いたことないですが、RV-7のプレート・モードは、LPレコードやCDで聞いたことのある鉄板エコーの音に非常に近いのです。

これはオススメです!!

 

 

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。